Wi-Fi飛んでる? 神さまって信じてる?

音楽・マンガ・映画・その他 いろいろ感想をメモしておくブログです。

*漫画

ふじつか雪『トナリはなにを食う人ぞ ほろよい』2

★★★★ わざわざ別に買ってた単話の番外編がさらっとこっちにも収録されてて「ンーーーッ!ンーーーッ!!」ってなった/サングリア、たこ焼き機でアヒージョ、とオシャレ料理を続けたかと思ったら、次は香川帰省編でてっぱいを取り上げたり(てっぱいって聞い…

ふじつか雪『トナリはなにを食う人ぞ ほろよい』1

★★★★☆ あ〜〜〜これはいいですね!! いい!! なるほど!! 二人が大人になって、レシピは酒飲み前提のツマミオンリーになり、内容も急にイマっぽくなった(セックスも見えるTL的な甘々の雰囲気とか、完全料理特化型の物語構成とか)りしてはいるのですが、…

ふじつか雪『トナリはなにを食う人ぞ』1〜3

★★★★ この続編の『トナリはなにを食う人ぞ ほろよい』がよい評判らしいので元々の連載のこちらから購入。「苦手なものがあるがんばり屋女子」と「恋愛感情ないけど苦手なものを教えてあげる男子」が出会うという100万べん擦られてきたプロットですが、実家が…

冬目景『空電の姫君』1

★★★☆ リスタート巻。しかしこの、話が進んでいるようでちょっと脇線に逸れてそのまま飛んでっちゃうぐだぐだな感じ……冬目景だぁ……!(嬉)令和になっても続いてゆく、世界一の線と画がつむぐ日常。/ずーっと小田急線の風景を描き続けて下さっていて(といい…

オジロマコト『君は放課後インソムニア』1

★★★★ いつの間に新連載始まってたんだよ!! 言ってよ~!! 『猫のお寺の知恩さん』に続くオジロマコトの最新作。そういえば『富士山さんは思春期』は中学生のお話だったので、高校生メインヒロインは本作が初になる。 シチュエーション的にちょっと無理が…

いつまちゃん『来世ではちゃんとします』3

★★★★ 展開が大きく動くわけではないにせよ、キャラクターたちの葛藤は少しづつ次の段階へと進み始める。そして、さらに新しい一面が見えてくるキャラクターたちも。<男のために泣くなんて 自分が惨めで泣くなんて/きっと自分にも他人にも うーんと期待しち…

いつまちゃん『来世ではちゃんとします』2

★★★★☆ 「えっ、このキャラクターも掘ってくんだ?」みたいな意外な感じが、むしろこの世界への肯定感を増していくのが改めて素晴らしい。発信すべきメッセージのある作品だなと思う。いま読み返したらベタだなとも思ったけどクリスマスストーリーも上手いし…

いつまちゃん『来世ではちゃんとします』1

★★★★☆ 好き!! とある映像プロダクションで働く4人はそれぞれ「性的にこじらせています」から始まるオムニバス4コママンガなのですが、まずギャグが好きで(「セフレよりセフレの犬が好き」「ドヒョォォォォ女性ホルモンがおどる〜!!!」)、ドライな空気感…

山口つばさ『ブルーピリオド』6

★★★★ ネタバレなので諸々触れづらい!けど!今巻も良かった。一貫して、八虎が「考える葦」なのがグッドですね……表現者はそういうタイプばかりじゃないので。悩んで悩んで悩んで悩んで、たとえそれがベストじゃなくても、いまこの瞬間の自分だけの答えを出し…

アッチあい『ポチごっこ。』

★★★★ 『オゲハ』『このかけがえのない地獄』のアッチあい連載復帰作。掲載誌は何とヤンジャン。この作家のイジワルで人間の血うっすいところ(週刊少年ジャンプを踏み台にして首を吊るシーンは攻め過ぎだろ!)が大好きで、この作品でも人間を人間扱いしよう…

永田カビ『現実逃避してたらボロボロになった話』

★★★★★ 読み終えてつくづく思うのは、「エッセイ」やら「フィクション」やらの分類は全くもって“読者には”何の意味も無くって、ただただここにあるのは圧倒的に面白いマンガだ。僕も以前「カビさんはフィクションでヒットするといいんだろうな」って書いてし…

高野ひと深『私の少年』7

★★★★ この巻、見方によってはすごい急展開だと思うんだけれど、でもマァ「ちょっと慌ただしいな」とは思いつつ、ストンときれいに胸に落ちるものがあるのは確かで。その「ストン」は、つまり、どれだけ私たちがこの二人の関係を「大人」「子ども」と区切って…

売野機子『ルポルタージュ』『ルポルタージュ 追悼記事』

★★★★★ 読み終えた後感情がぐちゃぐちゃになって、途中もページめくってて吐きそうなくらい気持ち悪くなった。こういう読書体験は久々。間違いなく問題作だと思う。 連載開始は2017年で、途中出版社移籍をはさみ、2019年8月頭に最終話が掲載された。どうして…

むつき潤『バジーノイズ』3〜4

★★★★ 1〜2巻の流れも悪くはなかったけれど、物語に躍動感がある3〜4巻のほうが面白い。アルバムの3〜4曲目に差し掛かってきた感じ。締め切りに遅れた音楽データを送付するときの、Gmailの文面がやたら生々しかったのが良かった。

Cuvie『絢爛たるグランドセーヌ』11〜13

★★★★ クソー、最新巻まで追いついてしまった。あいかわらず、メンタルひとつ・発見ひとつ・視点の転換ひとつで、何度でも自分の"表現"が新しい次元へ踏み込んでいくワクワクが詰まっている。ステージに立つその瞬間まで、揺れ動き変化し続けるパフォーマーた…

稲葉光史『からかい上手の(元)高木さん』6〜7

★★★ 相変わらずのんびり読めます。ンーしかし、これはスピンオフマンガだから言っちゃいけないのかもしれないのですが、本編読んでない人でも楽しめるままだといいな……「あっ、本編のキャラなんだな」「本編エピソードのオマージュなんだな」ってことが、だ…

シギサワカヤ『魔法少女は死亡する』

★★★ この作家さんでしか読めないドライヴ感はさすがなんだけれど、やはり、荒い…笑 ページの隅々にまで気迫を感じる仕上がりのわりには、結構さらっと読めちゃう部分があるのかもしれないな。あんまり感想が残らないのだ……。でもホントに、けっこう大きな疑…

榎本あかまる『この会社に好きな人がいます』1

★★★★ エッチ!!! 以上!!!! (Dai-Manzoku) ちなみに『あせとせっけん』も同じ「Dモーニング」なんだけれど、い、いま「モーニング」ってそういう感じなんだろうか…?(クッキングパパまだやってるのかなぁ)

ヤマシタトモコ『違国日記』4

★★★★☆ ヤマシタトモコの描く女の人は、口がおっきくって好き。目つきがひどくて好き。その目つきで見ている"先"が好き。 主に槙生にフォーカスがあてられる第4巻。人並みのこともできない、<人に助けてもらう価値がない>わたし。でも「そういうわたし」っ…

谷川ニコ『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』16

★★★★ さすがにちょっとマンネリか? 登場人物多いし……と思ってからの、まさかの「智子謹慎篇」で主人公不在の空白を作り出すクソ上手い作劇でまたしても皆が一番見たいものを描き出してしまったこの作家さんは素直に天才だと思う。番外編からテッキトーにこ…

吉田秋生『海街diary』9

★★★★☆ これが出てたのは、去年だし*1、買ったのは確か2019年に入ってすぐだったと思うけれど、やっぱ読んだら"終わっちゃう"から、それがちょっと嫌で今まで封を切れていなかった。でも、今年が終わるまでには、と思って、弟が婚約者を連れてきた夜に、よう…

桜井のりお『僕の心のヤバイやつ』2

★★★★ 1巻とは逆で、山田が市川のことをひとつづつ知っていくストーリー。それが一貫して市川の目線から描かれるのがいい。ちゃーんと山田の変化がコマのはしっこから判るようになっていて、その"物語のカメラワーク"がすてき。女の子のほうが男子への接触欲…

重野なおき『信長の忍び』16

★★★★ やっぱり派手な戦いがあると否応なくワクワクが増す。ちょっと知名度の低いエピソードがここんとこ続いていたので久々に「長篠の戦い」並みの充実感があった(もちろん地味な戦いや抗争もしっかり取り入れてる所にもこの漫画の価値はあるのですが!)。…

ヤマシタトモコ『違国日記』3

★★★★☆ 「Page11」が秀逸。セリフもテンポも絵もそしてコマ割りも、ぐうの音も出なくて絶望的な気持ちになるくらい全てが完璧で、完成されていて……ただただ素晴らしい。短編作品としてもパーフェクト、まじで芸術だと思う(芸術だと思う、って書かなくても元…

むつき潤『バジーノイズ』1〜2

★★★☆ はいはいCeroね〜〜〜こういう男子ね〜〜〜オッシャレなやつね〜〜〜BASEMENT-TIMESね〜〜〜って辺りのクソイマドキ感や(マジモンの)サブカル臭には正直かなり生理的な拒否反応が否めず(Ceroは何も悪くないが!)、そこは思いっきり鼻をつまみながら…

Cuvie『絢爛たるグランドセーヌ』10

★★★★☆ 玉木先生まさかの再登場。マジでヤマシタトモコ(の作品)みたいなキャラしてて大好きになっちゃう。スピンオフ読みてぇ〜!そしてコンテンポラリーダンスやっぱり面白そう! 3000円なら観に行ってみたいな。/唐突に始まった留学篇は時事ネタ(!)を…

Cuvie『絢爛たるグランドセーヌ』7〜9

★★★★ YAGP国内予選篇。弓道部に取材にいく話が好きだった(こういう話を読む度にどんどんバレエが好きになっていくなぁ)。あと百合、な。百合ィ……(噛み締めるように天を仰ぐ)。 いや~~でも、この時点で既に9巻なので今後どこまで読めるのかヒヤヒヤもし…

阿部共実『月曜日の友達』

★★★★☆ 抜群に絵がいい。ジョルジョ・デ・キリコと滝平二郎が一緒に描いてるみたいなハイセンスな1コマ1コマに最後まで圧倒された。ダイアローグぜんぜん読まなくても話がわかるくらいキャラクターの表情が生き生きしていてそこもすごい(これが実は一番すご…

茜田千『さらば、佳き日』5

★★★☆ 2〜4巻までまとめ読みした時は圧倒されたんだけど、各人物をザッピングする関係で進行がやや遅く、1巻づつ新刊を読んでいくとちょっと満足感が少なめかも。リリースペースが遅いのでそこも焦らされる。でも、引き続き丁寧に描いてって欲しいです。

戸田誠二『egg star』

★★★★★ この世に同じ作家さんは二人といないから、「戸田誠二は特別な漫画家だ」とは決して言い切れない。でも確かに、確かに「戸田誠二の作品」じゃないと読めない"何か"があって、「Making World」からずーっとここまで伸びている光があって、そしてこの『e…