Wi-Fi飛んでる? 神さまって信じてる?

音楽・マンガ・映画・その他 いろいろ感想をメモしておくブログです。

笹生那実『薔薇はシュラバで生まれる ー70年代少女漫画アシスタント奮闘記ー』

★★★★★

「少女漫画黄金期」と呼ばれた1970年代初頭(50年前!)から1980年頃に10代でデビューし、名だたる少女漫画家たちのアシスタントを経験した筆者による自叙伝。何と自身32年ぶりとなる商業出版だという。

正直、想像を大きく上回るすっごい漫画だった。3回くらい泣いてしまった……。こう書いたら絶対失礼ってわかるんだけど、わかるんだけど、だって当時15歳とかですよ、デビューが。当然まだぜんぜん女性が社会的に優遇されていたとは言い難い時代にですよ。20歳で旅館にカンズメになってろくに寝れずに雑誌を支えるような漫画を描いてて、その下には高校生の、中学生の子たちがアシスタントとして集まって、眠気をとばすためにみんなで怪談話しながらおしゃべりしながら何十時間って作業を何度となく乗り切って、後の革新的傑作を、時代を切り開く名作を生み続けていたっていう……。20歳なんてまだ子どもじゃん。そんな年齢から自ら選んで「シュラ」の道に踏み込む覚悟とか想いとか……。なんて時代なんだ。しかも(これはほぼ同時代の『手塚治虫〜』や『まいっちんぐマンガ道』もそうですが)作画資料が一切ない時代、集めに行く時間すらない時代に、ただただ己のそれまでの技術を総動員して一切手を止めることがなかった。それでも時間がなかったりして、諦めてしまった小さなマンガのディティール一つ一つに確かに傷ついたりもして。それでもやめずに、熱い、そして強いメッセージをマンガに込め続けた人々の戦いのお話で……マンガで描かれている時代や、エピソードや、風景が、そのもの以上に大きく心の中でふくらんで、つむじ風になっていく。鳥肌立ちっぱなし。作品自体は明るく、さらっと、ふにゃっと描かれていることが、逆にこの時代の熾烈さをぐぐっと際立たせているのです。

ていうかもう、絵もだけど内容もそうなんだけど、これしっかり「少女漫画」なんですよね……。そして主人公は、決して「主人公にはなれなかった」人物であって。僕はもうそういう作品に弱いんだ。めちゃめちゃ弱いんだ……。

名言が多すぎて心打たれすぎてもうなんか吐きそうなんだけど、頭蓋骨吹っ飛ばされたのはこれ。これだけだと何のことだかわかんないと思うから是非読んでほしい。

<あんたの命なんかいらんわい!死ぬんなら……右腕置いていってね>

悔しいのが、登場する作家さんの作品は1本も読んだことがなかったこと……勉強したいなぁ。三原順先生だけちょっとフィクションっぽいキャラクターとして描かれていてふしぎだなと思ったのですが、あとがきでこの方だけ早世されている事実を知って合点がいったりして。ジーパンにカーディガンで片膝を立て、たばこを吸いながら原稿を描いてるたった1枚のカットに込められた哀悼にもう一回泣きそうになりました。しみじみタイトルもすごいよな……これだけで詩になってるもんな。くそ、また泣きそうだ。<薔薇はシュラバで生まれる>。

漫画を描くことを青春の記念では終わらせない!

えびはら武司『藤子スタジオアシスタント日記 まいっちんぐマンガ道 ドラえもん達との思い出編』

★★★☆

藤子・F・不二雄の一番弟子として知られるアシスタント、えびはら武司ジャイアンの「たけし」という名前の元ネタになった人)による藤子スタジオ在籍時の自伝シリーズ第3巻。1、2と楽しませていただいている。3となるとさすがに……話がマニアックになってきていることは否めないですが、当時の時代の空気感も入ったエピソードはあいかわらずいいです。そして藤本先生の、シャイで寡黙な雰囲気がすごく愛情をもって描かれているのがとても好き。たまたまこのブログで書く機会がこれまで無かったのですが、特に1巻がおすすめです。

藤子・F・不二雄『未来の想い出』

★★★☆

Twitterで見かけて気になり、読んでみることにした藤子・F・不二雄晩年の作品。筆者そっくりの境遇だが、落ちぶれてしまった設定の漫画家がタイムリープして過去をやり直そうとするSF作品になっている(いわゆる藤子Fの「SF短編」ではなく、単行本一冊サイズ)。

たしかに面白かったけれど、マァこれは大長編ドラえもんとも共通するのですが、ラスト十数ページのまとめ上げ方が急で……(笑) オチの付け方は星新一、オチ以外は叙情的な「中年の危機」ストーリーで、前半の哀愁あるノスタルジックなしっとりムードがめっちゃ好きだったので、展開はいっしょでも最後までその雰囲気で読みたかった気がした。意外にシニカルな一面と、それ以上にやっぱり、優しい世界と時間が広がっているところは見事です。見事ですというか、こういう「どう描いても“優しく”なってしまう」自分自身から逃げなかったから、藤子・F・不二雄はこの物語の主人公と違って死ぬ間際まで最前線を保ち続けられたんだろうな。いろいろジンワリ考えさせられてしまう作品でした。

阿部共実『潮が舞い子が舞い』2

★★★★

目次の手前には、登場人物の顔と名前が実に50人近くも並ぶ。どんどんどんどん作家の中で膨らんで、転がり始めていることがよくわかる気持ちのいい第二巻。小さな世界で、シュールで、至極どうでもいい連作会話劇、そのどうでもよさが、世界を少しだけ豊かにしてゆく。/唐突なインスピレーションなのですが、なんか……にじさんじみたいなマンガだな。<関係ない他人を気持ちよくさせるために/俺ら友情やってるんじゃねえんだわ>

阿部共実『潮が舞い子が舞い』1

★★★★

ファンタジックなジュブナイルの秀作『月曜日の友達』の世界観は引き継ぎつつ、日常モノっぽいギャグマンガ(ユーモアマンガ?)で展開する阿部共実の最新作。奇人・変人ばっかりで、ともすれば胸焼けしそうなくらいネチっこい会話劇ですが、いい意味で中身が「意外とからっぽ」だったりもして、最後は「むきー!」や「キャハハ」、そして「じーん」で簡潔に終わるそのバランスが秀逸。いつまでも読んでいたくなる。相変わらずですが、表情の描き分けもすばらしいです。

田島列島『田島列島短編集 ごあいさつ』

★★★★

まず短編集が編めるほど未収録作品があった事実にびっくり。『ジョニ男の青春』や『花いちもんめ』あたりはシュールすぎて若干どうしようって思ったけれど、デビュー作『ごあいさつ』辺りはまったく変わらない、「田島節」とも言うべき独特の世界がしっかりストーリーにまで展開されていて素晴らしい。白眉は何と言っても『おっぱいありがとう』で、クスッと笑えつつも、きっと誰しもが持っている小さな感情をくすぐるところは見事だし、最後どうするんだと思ったら膝を打つくらい見事な飛躍もあって天晴(これで冒頭に戻るのがまた超うまい)。ふつうに掌編としてめちゃめちゃ優れてると思った。映像化したらいいのに……。/でも、やっぱり「長い話」のほうが田島列島の魅力はさらに出てるのかなとも思った。ゆっくり変化していく感情を追うのがすごい作家さんなので。