Wi-Fi飛んでる? 神さまって信じてる?

音楽・マンガ・映画・その他 いろいろ感想をメモしておくブログです。

*漫画

山口つばさ『ブルーピリオド』8

★★★☆ アイドルとかを全然いいと感じたことがなく、「頑張ってる人を見てると勇気がもらえる」というのもよくわからないけど、確かに八虎くんは応援したくなるな……。 講評会のトラウマ(「評価しなくていいよね?」とほぼ同じ経験をしたことがある)や、考え…

高橋那津子『昴とスーさん』4

★★★★☆ スーさんをつなぎ止めるもの――が、あまりにもあいまいで、だからこそ一つ一つの、一歩一歩の日常が、はかなく、せつなく、まぶしいものとして描かれてゆく。次のページではすべてが壊れているかもしれない、その「まぶしさ」に、ひたすらハートを焼か…

Cuvie『絢爛たるグランドセーヌ』16

★★★★☆ うおおおぉぉぉまさかのアイリッシュ・ダンスも登場!! 抑圧の歴史が身体表現の、そして文化という闘いの歴史とつながっている。それから比べたら枕草子なんて……って思っちゃうけれど、きっと血と闘いに塗れたヨーロッパの人たちには全く違う感銘を与え…

紀伊カンナ『春風のエトランゼ』2

★★★★☆ ええ……めっちゃいいじゃん……。小さくてにぎやかな生活の中で、それぞれが抱いているものに触れながら、互いに気遣いながら、生きてゆく歩みをゆっくりと進めてゆく。 ゲイの葛藤にこんなに真っ直ぐ向き合った作品って意外と読んだことがなかったかもし…

紀伊カンナ『春風のエトランゼ』1

★★★★☆ 名前が変わっているけど『海辺のエトランゼ』の続編になる。まぁ「既に話は終わっている」ので、ここから転がすのも大変だよなぁと思いつつ、この「大いなる蛇足」をゆったりと、まるで二人の間で流れている時間そのもののように、楽しみます。なんか…

峰波りょう『少年のアビス』2

★★★★ 前の巻に続き、息つく暇もない展開。最初はそうだと思っていなかったけれど、群像劇の様相を呈してきたのもすごく良いです。ただ、テンポが早いだけに「えっ……意外に早く話が終わっちゃうのでは……もっとゆっくり読ませて……」感も。これが週刊誌のスピー…

咲坂伊緒『思い、思われ、ふり、ふられ』1〜4

★★★☆ ebookjapanの無料キャンペーンで4巻まで読破。 久々にガッツリと少女マンガを読んだ気分。まだ序盤(4巻はそれなりに盛り上がる)なのでストーリーのハイライトは特になかったけれど、とにかく「先が気になる」感じを作り続けているのがうまくて、まん…

紀伊カンナ『海辺のエトランゼ』

★★★★ いい!! キャラクターデザインもとても可愛くて上手いし、何より「照明」(マンガの場合「照明」って何て言えばいいんだろう)がめちゃめちゃ素晴らしくて、ある程度狭い空間(セット)の中で生きている登場人物たちの実在感というか、そういう映画的…

宝井理人『テンカウント』1〜3

★★★☆ 『セブンデイズ』の宝井理人による人気作ーーと聞いて読んでるものの「作風結構違うんだなぁ」と思ったら『セブンデイズ』は原作・作画で分かれててこの作者さんは作画側だった……。『名探偵モンク』を彷彿とさせる潔癖性の主人公が、心療内科のカウンセ…

仲谷鳰『やがて君になる』3〜5

★★★★ ゆっっっっっっっくりとだけれど、だんだん物語の輪郭が見えてきた。自分でも無自覚なままに「自分」を見つけようともがく少女と、たまたま深く入り込んだゆえに「少女」と向き合い、成長してゆく「もうひとりの少女」。 わりとサッパリした画風ですが…

高橋那津子『紅い実はじけた』1

★★★☆ 表紙から……のいきなりの大仕掛けで早速ハートをぶち破られた。最高!! だったけれど一方で、同じ流れでハイテンションなギャグ(あるいはギャグでもない設定)をやられてしまうと、濃い目の絵柄も相まってちょっと胸焼けしてしまった。第五話「愛の逃…

藤生『ひみつのおねえちゃん』

★★★★ 『えりちゃんちはふつう』が素晴らしかったので同著作を購入。フィクションを読んでみたかったのだけど開いてみたらこちらも実録モノだった……。 すさまじい家庭環境を明るく笑い飛ばすオルタナティブっぷりにしびれた初読。「こんなのをファミリー誌に…

志摩時緒『ジェミニはお年頃』2

★★★★ もう、この……フェチと欲望を丼へ山盛りにしたような……この……(笑) でもこれがツボなんだよ僕の!! 萌え4コマとアダルトコミックの中間地点(+静けさ)。 この作品は特に、筆者のフェチズムがグッと前に出ている感じがしてドキドキしました。作者によっ…

とよ田みのる『金剛寺さんは面倒臭い』7

★★★★★ 『ラブロマ』は大好きなマンガだったけれど、ラスト数話のまとめ方(最終話は大好き)はもう一歩だったかもと思ったことがあって。今思えば、その「足りなかったパーツ」は、きっと……。 最初っからハイテンションだったこの作品のハイライトは、間違い…

とよ田みのる『金剛寺さんは面倒臭い』6

★★★★ 「蛇足」編。「そんなのあり!!?!??!???」って感じの前代未聞の第一話に始まり、やっぱりヤバいマンガにはヤバい読者しか集まらないんだな!!(褒め)って感じのアイデアばっかり作画されていて、ホントーーーにバカで世界一美味しい!!! 誰だよ小説版と…

志村貴子『ブルーム・ブラザーズ』1

★★★★ “兄弟”(おおむねゲイ)を主人公にしたオムニバス短編集。長いのも好きだけれど、こういう短編で見せるキレ味は志村貴子の大好きなところです。 繊細に描かれる心の動きを、急にガサッと崩してくる瞬間は何度読んでもたまらない。人間って得体が知れな…

志村貴子『ビューティフル・エブリデイ』2

★★★☆ 不定期連載という事情もあってか、他の作品ほど密度があるわけではないシンプルなドラマで紡がれたラブ・ストーリー。「でも、かっこいいし」「でも、かわいいし」が根元になっているのがいかにも10代という感じで“動物的”で、そのウソがないところもい…

田島列島『水は海に向かって流れる』3

★★★★★ 最後の4ページがすばらしすぎて声が出た。ぐう! こんな綺麗なタイトル回収やられたら……もう笑っちゃうしかないよな。ぐう。 前作からのプレッシャーもあったと思うのですが、よくぞ、という最高到達点にまでゆっくりしっかり登り詰めた、読んでいて最…

宮原るり『恋愛ラボ 恋愛研究レポート』

★★★☆ ファンは間違いなくニヤッとなる、そしてそれ以外の人にはどうでもいい、事実上の「第16巻」。 河合荘のふたりがカメオ出演(クロスオーバーではない距離感が良かった)したこともあって、宮原るりワールドにおける「中学生→高校生」の変化に一貫性を感…

いつまちゃん『来世ではちゃんとします』5

★★★★☆ 強固なはずだった「スタジオデルタ」の5人が気づけばバラバラに解体され、それぞれの人物関係が大きく動いてゆく。そのきっかけが「新型コロナウイルス蔓延による外出自粛」なのだから、もうホントにこのマンガすげえ!「お隣さん」設定がここで生きて…

榎本あかまる『この会社に好きな人がいます』4

★★★☆ ほんとに自分の好みが変わったんだな、と思う。誰かが誰かに「好き」をぶつけて、それに夢中になっている姿を浴びることが一種のデトックスみたいに感じるようになった。それが大好きな恋人でも、大行列で並んだ先のスイーツビュッフェでも、仕事ひとつ…

鈍色家電『異形ヱステティック』1

★★★☆ 立ち読み部分でわかる通りの「無防備な女の子のちょいエロ」路線な一冊ですが、毎回入っている施術シーンがやたらリアルで正確で(他の部分の絵はだいぶ淡白なのに!)、読んでいるとまるで自分がマッサージされている錯覚にかられてくる。本当にリラッ…

ふじつか雪『トナリはなにを食う人ぞ ほろよい』5

★★★★☆ 大好きなシリーズなんですよ……イチャラブに抵抗がなければ是非読んでほしいな。イチャラブ系いろいろここでも紹介してますけれど、これだけ読めばいいから!! この巻が特別に良かったわけではないですが、なんか「ああ、この作品めっちゃ好きだ……」っ…

奥山ケニチ『ワンナイト・モーニング』3

★★★★ 前巻よりもプロットの幅が広がっていて面白い。女の子目線のストーリーも増えてきたのがとても良いです。日来軒のおっちゃんに自分もなりて〜〜〜〜。あまり多くのバリエーションは作れないかもしれないけど、枯れ尽くすまで頑張ってほしいです。

志村貴子『さよなら、おとこのこ』

★★★★ 志村貴子作品としては珍しく「かなり」シナリオの仕掛けが凝っていて、そのアイデアがまず面白い作品。それゆえに結構複雑な内容にもなっていて、途中うっかりすると話の流れに混乱することも。まさに書きかけの脚本から脚本へ、次々にジャンプしていく…

高津カリノ『俺の彼女になにかようかい』7

★★★★ 僕ばりおかさんが好きだったんですけれど、ジュノンとのクライマックスがメッチャロマンチックですごい良かった〜〜〜!!(もちろん他のメンバーたちも)。 6巻の記事でも書いたけれど、「ポスト『WORKING!!』」の作風をおそらくすごく意識して模索し…

高津カリノ『俺の彼女になにかようかい』6

★★★★ 『WORKING!!』『サーバント×サービス』を「経た」、高津カリノ2.0をぞんぶんに感じさせる第6巻。一部バカバカしいくらいフザけた設定こそあれど、描かれている人間模様や葛藤はこれまでの筆者の作劇を塗り替えるほどにしっかり、しっとりと濃厚で、ちょ…

ヤマシタトモコ『違国日記』6

★★★★☆ <叔母さんは小説家で親が死んで超つらくて音楽的に深みが出てもいいはずなのになんで全然パッとしないの!!ーーということがわたしの一番の悩みだった> めちゃくちゃいい。<わたしはわたしの孤独に水をやるべきだろうか?>って言葉、部屋の壁に貼っ…

久井諒子『ダンジョン飯』9

★★★★☆ ポンコツキャラ・ミスルンきゅんも別働隊として走り出した第9巻。相変わらず各話のクオリティが高い……。展開でみせるギャグも、LINEスタンプみたいな一枚絵のギャグも*1、そしてストーリー運びも、さらに見えてくる大きなストーリーも、数々の魔物のア…

保谷伸『まくむすび』1

★★★ これは合わなかった……! テーマも、設定も、軽快なセリフ回しも、そしてこれから展開するであろう内容もかなり自分のツボなんだけれど(特に即興劇するところ、ぽろっと次のセリフがアドリブで出てきたところはすごく良かった)、こんなに演劇をバカにす…