Wi-Fi飛んでる? 神さまって信じてる?

音楽・マンガ・映画・その他 いろいろ感想をメモしておくブログです。

*音楽

Orangestar『UNDEVELOPED FLOWER-PLANET』

★★★★☆ Orangestarの没トラック、デモ音源などをまとめた未発表作品集。久々のOrangestar&初の配信リリースということもあって、この手の作品としては珍しくチャート1位を獲得したらしい。 1〜2分のインストや、ワンヴァースしか出来ていないトラックばっ…

PEOPLE 1『大衆音楽』

★★★☆ え? いいじゃんいいじゃん! 『GANG AGE』よりも前にリリースされていたep。YouTubeで聴ける範囲では圧倒的に好みが『GANG AGE』に集中してたけれど、聴き通すとこちらも十分にいい。EPとして、1曲目から5曲目までしっかり流れがあるのが特に良かった…

PEOPLE 1『GANG AGE』

★★★★ 「常夜橙」を収録したPEOPLE 1のep。 「フロップニク」「東京」までは知ってる状態で聴いてみたんだけど、ちょっと意外だったというか、思った以上に……聴きやすかった。バンドサウンドではない、だけで、バンドのようなアンサンブルの楽しさがどの曲か…

Kizuna AI『Replies』

★★★★ キズナアイの1st EP。 エレクトロ路線は継承しつつも、前作では少々鼻についてた「作られた感」から脱却し、いい意味でより面白い内容になっている。あ!あなたはそんな声の人だったんだ!って感じたくらいヴォーカリストとしてグッと個性が前に出た「A…

富士葵『有機的パレットシンドローム』

★★★☆ 富士葵のファーストアルバム。これも出たのが1年前……*1。 ときのそらのアルバムでも書いたけれど、富士葵もまた、「ルーツはオタクカルチャーとは全然違う所なんだろうな」と思わせられるVTuberシンガーの一人。一回聴けば「おおっ!」となる歌唱力は確…

輝夜月『xxx』

★★★★☆ 輝夜月の1stアルバム。何だかんだで聴くのに1年かかってしまった……*1。 最初に聴いたときも衝撃だった「Beyond the Moon」、超轟音ラウドロック(ラウドポップロック?)の「Dirty Party」、エモさの塊のような「NEW ERA」やら、とにかくブッ飛んだす…

Gang Of Youths『Let Me Be Clear』

★★★☆ オーストラリアのロックバンド、Gang Of YouthsのEP。時系列ではファーストとセカンドの間になる。 『Go Farther in Lightness』よりはスロウな、美しいサウンドをスケール感たっぷりに展開させていくインディ・ロックっぽさの強い1枚。6分、7分と長い…

Various Artists『IMAGINATION vol.3』

★★★☆ VTuberをヴォーカルに迎えたコンピレーションの第三弾。 「Vol.1」ではスターをずらりと揃えてエレクトロアレンジ、「Vol.2」では歌うまを揃えて00年代歌姫曲の豪華カラオケ、ときて、「Vol.3」はかなり振り切ったアイドル&ガールズポップのカヴァー集…

Various Artists『サンボマスター究極トリビュート ラブ フロム ナカマ』

★★★★ サンボマスターのトリビュートアルバム。 1曲目のSUPER BEAVERから「これこれこれ!!」って感じの豪速球ストレートど真ん中が聴けて最高。そしておふざけ完全封印で“挑んだ”ヤバTの「光のロック」聴いてたら良すぎてなんか泣いちゃった……ずるい……。 必…

HoneyWorks『好きすぎてやばい。』

★★★★ HoneyWorksの3年ぶり、メジャー5枚目となるアルバム。2枚組、全24曲というフルボリュームだ。 一番大きな変化は、3年前はまだなかった「アイドル」のストーリーが入ってきたことだろう。10代の「ふつう」の少年少女たちの物語に、ステージの上で歌い踊…

RADWIMPS『夏のせい ep』

★★★☆ 2020年に散発的にリリースされた配信限定シングルをまとめた5曲入りep。 こうしてまとめて聴いてみると、結構がらっとこれまでのRADとは違うなと感じさせられる。サウンドスケールの大きさとか、これまでよりさらに内省的でちょっと妄想的な内容(歌詞…

宮本浩次『宮本、独歩。』

★★★☆ エレファントカシマシの……というイメージは、もはやこの2年間で世間では吹っ飛んでしまったかもしれない、それくらい野心的に活動し続けた、宮本浩次の初ソロアルバム。 エレカシは聴くけど「全曲メインディッシュで食べづらい」エレカシは個人的にそん…

藤井風『HELP EVER HURT NEVER』

★★★★ 弱冠23歳。間違いなく2020年代最初の天才、藤井風のファーストアルバム。 日本人離れした音楽センス、あまりにも自由に弾きこなすピアノの腕、クレイジーなくらいずば抜けた作詞作曲、そして甘いルックスと、喋れば岡山弁丸出しの田舎少年、というギャ…

PEOPLE 1「常夜燈」

★★★★ まぁ〜〜〜このMVが良くて良くて。めっちゃ良いすね。そりゃ話題になるわという曲。縦画面なので当然スマホなどで鑑賞されるとさらに魅力的です。聴いてるとわかるけど、軽快でふわりと宙に浮かぶようなトラックに、意外にも暗くて後ろ向きなリリックが…

エルセとさめのぽき『I F ~僕らは何度も、君に恋する。~』

★★★★ エルセとさめのぽきの1st EP。正式名称は『I F 』でいいのかな、それとも『IF』?(半角スペースが入ってて気になった) 映像つきでも勿論いいけれど、ミニアルバムとして3曲聴き通した時のドラマチックさが素晴らしい。せつない物語のスタートを演出す…

BBHF『BBHF1 -南下する青年-』

★★★★★ ファーストアルバム、改名後の2枚のEP、いずれも見事な内容だったBBHFが満をじして放つCD2枚組、全17曲入りのオリジナルアルバム。北から南へと旅をする青年を主人公にしたコンセプト・アルバムになっている。 ……という話だったけれど、旅をしている青…

yonige『健全な社会』

★★★★☆ いいアルバム。 ご機嫌なロックンロールはとうとう1曲も無くなり(かろうじて「みたいなこと」か)、歌詞の内容も相まって、ただただ暗く鬱が延々と描かれるような内容になった。が、ずば抜けて素晴らしいのがサウンドで、こういう「鬱」の気持ちにこ…

MIZU『MIZU』

★★★☆ 19歳のデュオ「MIZU」のデビューミニアルバム。 っていやいや、とても19歳じゃねーよ!! という、良くも悪くもオッサンな曲が揃ったマイナー調のフォークソングが揃っている。めちゃくちゃメロウな「ぶる〜」や、あの曲の<越えて 越えて>を<一線越え…

CHARA + YUKI『echo』

★★★★ これはすごい! CHARAとYUKIの共作による(トラックは提供が主だがサウンドプロデュースはCHARA、歌詞はほぼYUKI)ミニアルバム。 20年前にユニットを組んでいたこと自体知らず、アルバム発売と同時に公開された当時の「愛の火 3つ オレンジ」のMV見て…

ゆず『YUZUTOWN』

★★★ ゆずの新譜がぜんぜん響かなくなって、結構経った。 一番はやっぱりアレンジのせいだろう。とうとう今回たった2曲になってしまった岩沢曲の「まだまだ」でさえ、あまりにも感傷的で大げさな編曲。聴いていて疲れてしまうし、感情移入できないので高揚も…

yonige『girls like girls』

★★★★ インディーズの再録を2曲含む初のフルアルバム。 冒頭を飾るカラッとした(そして生々しい)ナンバー「ワンルーム」もいいけれど、アルバムの後半、「スラッカー」以降急にオルタナティブ全開になってそこからがめちゃめちゃいい。andymoriのファースト…

yonige『Coming Spring』

★★★☆ yonigeのファーストミニアルバム。 実は代表曲らしいけどぜんぜん知らなかった「アボカド」はここに収録されている。とても1枚目とは思えない完成された音楽に驚かされた。感情をぶつけながら泣きじゃくるカッ飛びロックも、この後さらに洗練されてゆく…

瑛人「香水」「HIPHOPは歌えない」

★★★★ 今さら触れるのもどうかな、と思うのですが、いいよね、瑛人。 あまたのカバー音源の流通や、アーティスト名の雰囲気や、<君のドルチェ&ガッバーナのその香水のせいだよ>というリリックの一人歩きで少々「イマっぽい」消費のされ方をしているがゆえ…

2020年上半期ファイブ

2020年上半期のマイベスト楽曲・ベストファイブです。 ※「2020年上半期に僕のiTunesに登録された」曲からのセレクションであって、発売時期的にそうでない曲も入っています。1位~5位という意味ではなく、聴いた順(みたいなもの)です。 01.our time city /…

ピーナッツくん『False Memory Syndrome』

★★★★ 普段「オシャレになりた~い」とか言ってるくせに、全然音楽は「ファッション」じゃねーじゃん!!ピーナッツのくせに!! いつものぽこピーとのギャップがあまりにすごくて、ちょっと笑っちゃうくらい本格的なヒップホップ・アルバム。超ドープでダウ…

KMNZ「Beat & Beast」

★★★☆ 突如発表されたKMNZの未発表曲。デビュー前に準備していたもののお蔵入りになっていた音源だったが、LIZたっての希望で2周年のタイミングから公開に踏み切ったという。 ……なるほどな!! という感じ。確かにいいけれど、もしこれがKMNZの1曲目だったら…

odol『WEFT』

★★★☆ odolのEP。 「小さなことをひとつ」をはじめ、ストリングスも交えた静謐な(あなたへの、そして「日常」への)ラブ・ソングが収められている。繰り返す日々を歌った曲は、“いま”の情勢も重ねて見ればより切実に迫ってくるものばかり。こういう、ひとつ…

Mumford&Sons「Forever (Garage Version)」

★★★★☆ あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最高最高最高最高。最新アルバム『Delta』収録の名バラード「Forever」をアッパーなガレージチューンにリアレンジした音源。歌詞もメロディも一緒なはずなのに、まったく違う表情で高らかに歌い上げられる、愛と希望の唄。 <Lo…

月ノ美兎「アンチグラビティ・ガール」

★★★★ にじさんじのVTuber、月ノ美兎のために書き下ろされた楽曲。めちゃめちゃ出来がいいです……。良くも悪くもアニソンっぽい、もしくはキャラソンっぽい、あるいはダンス・エレクトロ寄りの……みたいな「まあまあよくある」VTuberオリジナル楽曲の傾向を最初…

不可思議/wonderboy「この海の向こうに」

★★★★☆ 2011年に23歳で早逝したポエトリー・ラッパー、不可思議/wonderboyの未発表曲。自分がラップにフックを作れたきっかけの方だったし、自主のCD-Rとかも持っていたので、亡くなられた途端に持ち上げられたのがすっげー嫌でドキュメンタリー映画とかも一…