Wi-Fi飛んでる? 神さまって信じてる?

音楽・マンガ・映画・その他 いろいろ感想をメモしておくブログです。

長らく新作を発表していない傑出漫画家さんメモ

大好きな作品を描いた方なんだけれど、続報が途絶えてしまっている個人的推し作家さんリストです。半年に1回くらいは検索をかけて、今なにをされてるか見逃さないようにしたい。(別名義で復活されてるとかあったらコッソリ教えてください)

以下、2020年2月26日執筆現在の情報です。(2020年5月31日追記あり


秋山はる

代表作に『すずめすずなり』など。『オクターヴ』(全6巻)は『青い花』に並ぶ百合漫画&恋愛漫画の傑作。『こたつやみかん』(2014年完結)を最後に活動休止状態。

 

木村紺

代表作『神戸在住』(全10巻)は生涯マイベストコミックのひとつで、とても大切な作品。『マイボーイ』(2016年完結)連載終了後に『巨娘』を再開させたあと、2018年から足取りが途絶える。

 

大瑛ユキオ

唯一の連載作『ケンガイ』(全3巻)でハートをがっちり掴まれたものの、これを最後に漫画家としての活動がない。ブログも2016年で止まっている。

 

柳原望

代表作は『高杉さん家のおべんとう』(全10巻)。地学アプローチを深化させた『かりん歩』(2018年完結)も『高杉さん〜』に負けないくらいの秀作だが、以後の商業誌での新作発表なし。同人活動はされてるみたい。

 

尾崎かおり

代表作は『メテオ・メトセラ』(ぼくは未読)。『神様がうそをつく。』(全1巻)、短編集『人魚王子』など、凄まじいドラマ作劇で一気にファンに。しかし『金のひつじ』(2019年完結)発表後、ブログで休筆宣言ともとれる内容を書き残されている。

 

最近このリストから抜けた方だと、日坂水柯さん*1田島列島さん*2oimoさん(→アッチあいさん)*3とかかな。

 


2020年5月31日追記:
このブログは余裕があるときに書き溜めしているので2~4か月くらいディレイがあるのですが、この記事を執筆した2月末から早くも情報更新があったので書き足します。

まずは秋山はる先生が復活ッ!! おそらく6年ぶりになる新作が5月23日発売のアンソロジー雑誌に掲載されたみたい。ebookjapanでの発売は6月26日かな。うわぁぁぁぁ楽しみぃぃぃぃ!!!

そして柳原望先生はなんとなんとのヤングガンガン移籍で新作「恋は論破できない」を5月1日発売号から連載開始!

そして尾崎かおり先生は4月30日にTwitterアカウントを新設(?)して、商業連載はまだかなという印象ですが自主制作の作品がいくつか投稿され始めておりました。

特に秋山はる先生は絶望的なくらい続報がなかった方なので、たった1か月程度の間にここまで好きな作家さんに動きがあったのは本当に嬉しいです……。

*1:白衣のカノジョ』長期連載中断→再開し2017年完結。2019年より『むねのうちには』連載開始。

*2:子供はわかってあげない』2014年完結。2018年『水は海に向かって流れる』で活動再開。

*3:オゲハ』(2016年完結)のみ発表して足取り途絶える。2019年『ポチごっこ。』連載に前後して旧名義を公表。